南国鯛稚魚の放流

今週は新たに南国鯛(ティラピア)の稚魚を2万尾を養殖場内の池に放流しました。

大阪のFish Bio Tec さんとの共同実験、2年目がスタートです。




3つの池にそれぞれ違ったティラピアを放流し経過観察していきます。



世界的原材料の高騰でカンボジアの飼料も影響を受けつつあります。

新しい実験から国内の養殖業が盛り上がる成果を期待したいです。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示